心の涙

b0187185_1252258.jpg
本日の内容はちょっぴり重たい内容になります。
記すか否か悩んだ結果、ありのままの自分の気持ちを残していたいのと、この事による大事なお知らせもあるので記すことにしました。

実は昨日の朝、父が脳梗塞で倒れ、入院しました。
本当に「突然」でした。
朝、起き抜けに体調不良を訴えた父がそのまま立てなくなり、すぐに病院へ・・・。
父は3年前に前立腺癌を患い、そこから胃癌へと転移し、2年前に胃を全摘しています。
これまで大きな病気をしたことが無かった父。
病気を乗り越えながら気丈に「毎日が有り難い」と言いながら過ごしていました。
その父にまたまた突然「病」が降りかかるなんて・・・。
昨日は無我夢中で頭の整理がつかず、まだ実は実感が無いくらい。

でも現実は・・・
「絶対安静」
「集中治療室」
ふぅ-----っ、何度も何度も深呼吸。
深呼吸しなきゃ、息するのも忘れてる感じ・・・・。
幸いにも早期発見、早期搬送が叶ったので軽度の脳梗塞で済みました。
多少、どこかに障害が残るかもしれないらしいのですが、今はただ見守るしかありません。

話が突然変わりますが「秘密の部屋」の正体をお話しますね。
父は毎月通院して検査を行ってるのですが、8月の血液検査の免疫が異常値を示し、転移かもしれないという不安と闘ってました。
それから元気が無くなってしまって・・・。
何を言って聞かせても、美味しいモノ買って食べてもらっても元気が無い。
何とか父を元気にする秘策を考えに考えた結果・・・。
大好きな「大工仕事」をさせてあげること。に至ったのです。
父に「猫用の部屋を作って欲しい」と言って話を持ちかけたのがその頃。
あんなに元気の無かった父が嬉しそうに材料を買い、コツコツと木材を刻み、少しずつ形にしていくことが本当に嬉しそうだったのです。
その後、CT検査で調べってもらった結果、転移の疑いのある所見が見つからず、また数値も安定していたので大喜び。
9月はほぼ毎日少しずつ作業を進めていたのです。

土台を作り、柱を立て、床を組み、天井を貼り、やっと建具枠まで仕上がった所まで・・・。
仕上がらないまま、また病気が襲ってきたのです。

毎日のほんの数時間(2~3時間)のその作業が嬉しそうだった父。
また元気になって作業できる日が来るのかどうかと思うと胸が締め付けられる。
作業出来なくったっていい、早く家に帰ってきてほしい。
というか、早く家に帰らせてあげたい。
今はその想いだけ。

これまで私たち姉妹を大切に育ててきてくれた父。

これからは私たちが、イヤもっともっとワタシが支えてあげなきゃね。

昨日、不思議と涙をこぼすことの無かったワタシ。
緊張と不安が一気に襲いかかり、かなり動揺したけど、泣かなかった。
きっと必死だったのかもしれない。
今もまだ必死だから涙は出ない。
でも、心の中は今涙でイッパイ。
父を想う涙でイッパイ。

心は涙でグショグショです(笑)。





大事なお知らせとは・・・。
ブログの告知で申し訳ありません。
しばらくの間、閉店時間を17:00とさせて頂きます。

本当に申し訳ありませんが、ご了承の程を。






ランキングに参加中♪クリックをポチっとよろしくお願いします<(_ _)>♪

人気ブログランキングへ

広島ブログ
広島ブログにも参加させて頂いてます♪




インテリア雑貨 Bonheur poche ボヌ-ル ポッシュはこちらからどうぞ♪
[PR]
by bonheur_poche | 2012-10-25 13:57 | 家のこと | Comments(0)
<< てづくりの会 「美味しい秋」 >>